ずっと考えていた。
日本の若者のために何かしたいって。
「何ができるだろう?」
そう自問自答して出した答え。
僕にできること、それは、僕が持っている
知識や経験を若いみんなに公開し、
伝えていくことなんじゃないかと思った。

僕はD2Cビジネスの専門家だ。
そして、最近よく耳にするのが、
憎き新型ウイルスの影響で
進学したくてもできない、
夢を諦めざるを得ない若者が
特に地方に
たくさんいるということ。
これだと思った。
D2Cビジネスと地方創生は相性がいい。
そこに若い力が加われば、
きっとすごいケミストリーを起こせる。

そんな想いから
「青汁学院大学D2C学部」の開校を決めました。
入学試験を行い、合格者には1ヶ月間、
僕のD2Cノウハウを徹底的に伝授します。
4年間じゃなくて4週間。
運命を変えるのに4年も必要ない。
学費は完全無料。
優秀な卒業生には出資も検討しています。
詳しくは募集要項等を熟読してほしい。
ちなみに「若者へ」を連発しているけど、
若者じゃなくても構わない。
熱意と野望があれば老若男女誰でも歓迎する。

このご時世、何かをはじめたいと思っている
人にとっては
運が悪いと言われている。
でもこの大学に出会えたあなたはきっと運がいい。
僕の知識やノウハウを使って
日本を地域から元気にしてほしい。
熱意ある応募を心からお待ちしております。 三崎優太

青汁学院大学D2C学部とは

About

三崎優太が主催するD2C×地方をテーマにしたオンラインビジネススクールです。1ヶ月の短期集中型でD2Cビジネスの秘訣を基礎的な部分から三崎本人が徹底指導します。130億円の売上をあげたD2Cノウハウを元に地域ビジネスの活性化を目指します。学生、社会人、年齢問わずどなたでも受験可能。学費は完全無料です。
※D2C(Direct to Consumer):
消費者直接取り引き

日本を代表する
D2C経営者による
完全無料の大学校

D2Cの専門家である三崎優太が直接指導。基礎的な部分からビジネスモデルの構築まで、実務を想定したプログラムで、実践的な力が身につきます。ゲスト講師も登壇予定です(調整中)。

4年間ではなく
4週間で卒業できる

授業は1回60分、全5回。冗長なプログラムは避け、短期間にしっかり集中してD2Cビジネスの構造、ツボを身につけていただきます。

卒業生には就職先を完全保証
優れたビジネスが生まれれば
投資サポートを行い即起業もできる

卒業生には就職先を保証。それだけでなく、優秀な成績を収めた受講生には投資を行う予定です。卒業後の起業、ビジネスのサポートを受けられるチャンスもご提供します。

教育カリキュラム

Curriculum

市場リサーチからプロダクトの企画、実装、オペレーションに至るまで、ビジネスの立ち上げからサービスローンチまでを一気通貫して体系的に学ぶことができる内容となっております。課題に対するフィードバックもしっかりと行います。

市場リサーチ

コンセプト策定

プロダクト企画開発

チーム組成

コミュニケーション設計

ECソリューション実装

オペレーション

コストマネージメント

地方D2Cビジネスにおけるケーススタディ

ビジネスピッチ(ビジネスモデル発表)&フィードバック

※変更になる可能性もございます

募集要項

オンライン出願の手順

Flow

下記にある「Web受験フォームへ」のボタンから
必要事項を記入し、エントリーしてください。こちらの内容を一次試験とさせていただきます。

エントリーいただいた内容を元に三崎とスタッフで審査を行います。
通過者には随時ご連絡いたします。

一次審査通過者の方に二次試験の案内を行います。
その際、追加の課題も提出いただく予定です。

合格者にご連絡。この時点で受講資格が発生します。

本人確認等の各種手続きを行っていただき、受講準備完了となります。

青汁学院大学D2C学部 学長
三崎優太について

Profile

1989年生まれ、北海道出身。実業家、起業家。高校を二度退学後、パソコン1台で起業し、18歳で株式会社メディアハーツ(現:ファビウス株式会社)を設立。2017年に「すっきりフルーツ青汁」が累計1億3000万個の大ヒット商品となり、年商131億円を達成。「青汁王子」の異名で、メディアへの露出も多数。2021年に、若年層を中心にした事業支援を行う自身の活動の一環として「青汁学院大学D2C学部」を開校。